初となる大型豪華画集、発刊

はせくらみゆき画集

―ガイアの祈り―

La preghiera di Gaia

2021年2月22日発刊

限定1000部(1~1000のシリアルナンバー付)

100作に選んだ作品をしばらく見ているうちに、

あれ? なんだろう? と思いました。

それは、私のものでありながら、私のものではない、

そんな感じがする、別の何かの存在を感じたからです。

 

それは、地球の想い。

大きくて、優しくて、強くて、

何でもいだいてしまう、母なる地球の感覚が、

そこに宿っているように感じられました。

 

ですので、この画集のタイトルを、

ガイアの祈り、と致しました。

 

私は知らずして、この大いなる地球かあさんに、

育まれ、いだかれながら、今まで導かれていたのかも。

と、感じました。

 

それはもちろん、あなたもおなじ。

この大地と空の間の中で育つ、

地球母さんの大切なこどもたちであることは、

疑いようがない事実なのです。

 

だからきっと、この中に、

あなたや、家族や、大切な人たちに込めた、

メッセージや祈りが、

そうっと託されている、

そんな気がしてならないのです。

 

色やかたちや、光を通して。

ことばとことばの間のなかに。

ガイアからのおたよりが潜んでいるかも。

 

よければ、手元に置いていただけたら幸いです。

どうぞ、時々見開いて、心の奥で、

静かなコミュニケーションを図ってください。

 

そして、著者の私からのお願いです。

それは、この画集を、いつの日か、

あなたの大切なお子様やお孫様、家族の方に、

お渡ししていただければ嬉しく思います。

 

というのは、この中にあるガイアの祈りを、

言葉ではなく肌で感じて、見ていただけることで、

 

お譲りする相手が、どんなに大切で、

愛おしい存在であることか。

出会えた奇跡に感謝をしているのか。

 

だからこそ、そのかかわるすべてが、

この美しい星にいだかれながら、

しあわせに、楽しく生きていってほしい。

そんな想いが、声なき声で、

自然に伝わっていくような気がするからです。

 

…というわけで、とうとう完成に至ったこの画集。

採算度外視で制作していただいたため、

Amazonなどの流通に乗せることはできず、

版元であるきれい・ねっと様から、直接お届けとなります。

また、版画と同じように、

一部一部に、シリアルナンバーがついている

限定制作となっています(重版はありません)。

必要とする方のもとへと運ばれて、

「ガイアの祈り」との御縁が結ばれたら嬉しく思います。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

これからも真摯に、創作活動をしていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

感謝  はせくらみゆき

 

ご購入・詳細情報は

きれい・ねっとにてどうぞ

みゆきからあなたへ おたより

 

皆さん、こんにちは。

はせくらみゆきです。

いつも、応援ありがとうございます。

 

私は、幼い頃から、ただひたすら、

絵を描くことが大好きだったのですが、

奇しきご縁をいただいて、

気がついたら絵描きとなり、25年が過ぎました。

 

その間描いた絵は、700作品ぐらいでしょうか。

それらの絵は、本のカバーやカレンダー、

絵本の挿し絵などで使われましたが、

一番多いのは、アトリエに眠っている絵です(笑)。

 

さて、このたび、今までの作品の中から、

100作品を選び、

100の詩や言葉を添えて、画集が出来ました。

箔押しをして、一部一部にシリアルナンバーが付いている、

本格的な大型画集です。

 

よければ、画集に乗せた冒頭のエッセイを、

こちらに載せていますので、

ご覧いただけると幸いです。

 
特別公開
​エッセイ「はじめに」

はじめに

 

「え? もう描き終えちゃったの?」 「うん、新しい帳面欲しいよう」

幼い頃、私は、次々と心の中に浮かんでくるイメージを絵に描いては、あっという間にお絵かき帳を使い終える子だった。

毎回ねだるので、辟易した母は、時折、そこらへんにある紙で描いたら? といった。

「うん、わかった」とうなずいた私は、さっそく描けそうなものをみつけては手あたり次第―チラシの裏から地面まで、つたない絵で空間埋め尽くしては、満足していた子ども時代を過ごしたのだった。

 

 なぜ、そこまで描きたいの? と聞かれれば、“描かずにはいられない。だって、好きなんだもの”

としか答えられない。それは、半世紀を経ても全く同じ感覚である。

 そんな幼少時代を送った私は、三十路を過ぎてから、ひょんなきっかけで絵描き・物書きの道を歩み始めたのだが、気がつくと四半世紀が過ぎていた。

 

 私の描くテーマは、たいてい、心の奥で見える心象風景だ。

そこはいつも光が差し込んでいて、影がない。あるのは光一元の世界。

しかもその中では、鳥も木も花も、みんなお喋りをしながら、ありのままにいのちを謳歌している。その中には、もちろん人もいるのだけれど、奥底では皆一つに繋がっていることを自覚していて、それぞれがそれぞれに花開き、光明の中にいる。

 そんな内奥の風景を旅しているうちに、私はいてもたってもいられなくなり、絵筆をとる。イメージは、次々と色とかたち、言の葉に変換され、見える世界へとメタモルフォーゼされていくという感じなのだ。

 

 ある日、英単語をみていて、ハッと気づくことがあった。

Heart(心)の中にArt(芸術)の文字があるし、Earth(地球)の中にもArtが入っているではないかと。つまり、私たちの心も、住んでいる大地―地球も、Artを内包しているのだ。

ということは、つまり、生きることそのものが、一つの芸術作品そのものだったのだと。

そのことが腑に落ちて以来、何があろうがなかろうが、今を生きる一つひとつが、がぜん楽しくなってしまった。どんな色、形を重ねようとも、それは深い味わいやいろどりとなり、その人らしい芸術作品をクリエイトしていることになる。

であるならば、その芸術を、何をもって表し、戯れていきたいと願うか?

私の場合は、やはり絵を描くことと、言葉を紡ぐことなのだろう。おそらく、さらに齢を重ねても、同じ事やっているのだと思う。

 

この度、きれい・ねっとの山内尚子さんとのご縁で、画集を発刊させていただくことになった。

 イラストレーターとしてデビューしてから30年、画家となってから25年が過ぎた一つの節目として、そしてまた、新しい四半世紀の一歩として、描いた絵を、皆様のもとへお届けできる機会を頂戴したことに、ただただ感謝の想いでいっぱいである。

 

 画集のタイトルは、「ガイアの祈り」とさせていただいた。

というのは、絵を選出しているうちに、ずーっと同じ質感の音があるなぁと思い、探ってみたら、それが、「祈り」というテーマであったからだ。

今まで、特に意識をしていなかったのだけれど、あらためて見直してみると、私は絵を描くという行為そのものが、祈りそのものだったようである。

 

ガイアの祈り―ガイアとは、地球を意味する。

そのガイアの中に、私たち一人ひとりのいのちや想い、生きとし生けるものすべての心を包含した、母なる地球の願いがあるとして、このような表題にさせていただいた。

生きるは美しい旅であり、芸術であり、祈りながら進むチャレンジの旅でもある。

そしてそれは、私たちの星―ガイアが紡ぐ物語でもあるのだ。

わたくしという一個人の眼を通して描いた光明世界が、尊いあなたの旅の渦中で、少しでもお役に立つことが出来たら、この上ない喜びである。

 

2021年1月16日

はせくらみゆき

Copyright © 2020 はせくらみゆき official web site All Rights Reserved.