つながる 天地・祖先と繋がるいのりのかたち

国産麻炭線香「生粋」

画像6_edited.jpg

神代の螺旋 けむりが舞の如く

はしらのように降りん

線美すずやか 神とのむすび

ひかりの糸 天地人を繋ぐお線香

麻は古来より、神事において「祓い清め」を行う、神聖な植物として伝えられてきました。

 

神事に欠かせない、国産の麻は、僅かですが、現代でも受け継がれた伝統的な技術を用いて、大切に栽培されています。

 

この麻炭線香は、その貴重な麻の茎から生まれました。

 

日の本の、光と大地を浴びて育った、麻炭は、淡路島の線香職人たちの、匠の技を経て、天然素材のみでつくられた、稀有なお線香となりました。

麻炭線香「生粋」の中には、三種類のアイテムが入っています。

1. お線香(国産麻炭の線香・約200本入り)

 

天と地、人を繋ぐ一本の、細く長い麻炭線香の糸から紡がれる、祈りのかたち。

おおあさ(神聖・神性)と火(ヒ・陽・霊・イノチ)の融合で、すべての調和と弥栄を願います。

【用途】

・永代なるご先祖様の御供養として。

・お部屋、空間などの浄化。

・心の浄化用に。

・メディテーションのお供に。

・リラクゼーションのお供に。

・エネルギー調整のサポート役として。

※100%天然素材のみで作られており、特に香り成分を添加していません。そのため、お線香独特の香りはしません。

2. 国産麻がら(オガラ・麻の茎)

 

お盆の時期にナスとキュウリで作られる「精霊牛・精霊馬」の足には、麻の茎が昔から使われてきたように、今でも伝統的な素材として受け継がれています。

【用途】

・香りを沁み込ませて、アロマの基材として。

・インテリアとして。

・自由なアイディアで創作のアイテムに。

3. 国産精麻(せいま・麻の繊維)

国産のおおあさの皮を剥がし、繊維を研ぎ澄まし乾燥させた「精麻」は、穢れをはらい、身を守るものとして、いにしえより、神事には欠かせないものとして大切にされています。

とりわけ、国産の精麻はめったに市場に出回っておらず、貴重です。

【用途】

・部屋や玄関に飾り、繊維を上から下に引き撫でて、ご自身の浄化や、場の浄めにお使いください。

みゆきより

「生粋」を焚いて、まっすぐに立ち上る煙を見つめているだけで、ものすごく癒され、スッキリします。

ぜひ、自分のためにも焚いてあげてくださいね。

 【製品情報】

 商品名 麻炭線香「生粋」

 内 容 国産精麻(麻の茎の繊維)

     国産麻がら(麻の茎の芯)

     国産麻炭線香80g(約200本)←たっぷり入っています!

 価 格 5,800円(税込み)

 製造・販売元 (有)鈴木商店

​        麻問屋 麻光

 販売 株式会社 アートシンフォニー

 

 【お取り扱いについて】

 麻炭線香は100%天然素材のみで作られております。

 繊細なつくりのため、折れやすくなっております。

 高温・多湿を避けて保管し、開封後はお早目にお使いください。

 (天然素材のため、湿気を吸いやすく、カビが発生する場合があります)

 

 【ご使用上の注意】

 火のお取り扱いには十分ご注意ください。

 使用後は火が消えたことをご確認ください。

 本来の用途以外にはご使用なさらないでください。