プロフィール

はせくらみゆき

画家・作家・雅楽歌人

日本を代表する画家の一人であるとともに、科学から経済、教育まで、ジャンルにとらわれない幅広い分野の活動から「ミラクルアーティスト」と称される。

詩情あふれる彩りゆたかな作風は、国内のみならず、アメリカやヨーロッパなど、世界の美術シーンで評判となり、活動の幅を広げている。

また、日本の文化を大切にしたいとの思いから、一般社団法人あけのうた雅楽振興会の代表理事として、伝統芸能の継承と和心の育成活動を行っている。自身の創作した雅楽曲は文化庁に登録され、楽人の指導を受けながら,全国の一之宮を中心に毎年、舞楽奉納を行っている。

 

他にも、テキスタイルデザイナー、セミナー講師、教育コンテンツの開発等、マルチな才能を発揮している。とりわけ2014年に発表した、日本語再発見ツール「おとひめカード」は、教育現場から企業研修などに採用され、大きな反響を得る。その後、海外へと波及し、2020年春には、ドイツの出版社Neue Erdeより、外国人が学ぶ日本語の新教材として、出版が決定している。また、2017年に開発した次世代型学習法「インサイト・リーディング」は、知情意全般の向上をもたらす知識習得法として、幅広い世代より支持を得ている。

 

画歴としては、全国各地での個展の他、2004年に全米屈指の芸術祭「Sausalito Art Festival」に入選。米国個展にて大好評を博す。2016年には、「日仏現代美術世界展」にて入選(国立新美術館)。2017年にはイタリア美術賞展の特別推薦作家となる。同年、インド国立ガンジー記念館より芸術文化部門における国際平和褒章を受章。2018年には、日本の美術全国選抜作家展にて史上初の人気アーティスト賞を連続受賞。ロンドン・マルギャラリーにて開催されたMINERVA展においては、日本代表としてスピーチを行う。2019年にはイタリアのアカデミアで開催された国際アートコンペにて世界三位を受賞。日本画画材と西洋画画材を融合させた混合技法の画風を更に追及する日々を送っている。

 

著述家としては、メンタルヘルスからダイエット、経済まで、多分野における著作があり、画集等を加えると、現在までに50冊以上の著作があり、累計50万部を超える。主な著書に『令和の時代が始まりました!』(徳間書店)、『人生を輝かせる30+1の言葉』(ワニプラス)、『奇跡の言葉333』(BABジャパン)などがある。

 

国際平和美術会会員。英国王立美術家協会名誉会員。フィレンツェ(イタリア)在住。

​画 歴

1992

河原デザインスクール卒業

大阪府健康推進ポスターコンクール 知事賞受賞

1993

サンケイリビング新聞社のイラストレーターとなる

1996

画家としての活動を開始

書籍の表紙他、著作とカレンダーを毎年発表

(現在に至る)

2004

全米屈指の芸術祭 Sausalito Art Festivalに、

International Artist部門にて入選。San Franciscoにて個展

2007

USA All Posters of Artsに選出

ゴッホらの作品と共にポスター化される

2008~2014

年に一度、個展を開催(東京・大阪・福岡・北海道など)

2015

全国巡回個展スタート

その後2年に一度開催し現在に至る

(北海道、東北、関東、中部、関西、中国、九州、沖縄)

2016

第17回日本・フランス現代美術世界展に入選

(新国立美術館)

 

2017

第22回日本の美術全国選抜作家展にて

人気アーティスト賞を受賞 (上野の森美術館)

第49回イタリア美術賞展入選。

特別推薦作家としてシチリア島にて展示

インド国立ガンジー記念館より、

芸術文化部門における国際平和褒章受章

(東京芸術劇場・ガンジー記念館)

英国王立美術家協会名誉会員となる

 

2018

第23回日本の美術全国選抜作家展にて

人気アーティスト賞連続受賞

Exhibition of MINERVA 2018展示

(Mall Galleries in London)

   

第26回国際平和美術展出展

(国際連合欧州本部・スイス)

2019

第24回日本の美術全国選抜作家展にて

人気アーティスト賞連続受賞

Exhibition of MINERVA 2019展示

(Mall Galleries in London)

International Art Competition2019

(Accademia Riaci,Italy)3位入選