IMG_9471_edited.jpg

祈りをカタチに。時満ちて、発売開始

希少なおおあさの

麻まもりシリーズ 三種

皆さん、こんにちは。はせくらみゆきです。

この度、数年がかりで取り組んできたプロジェクトが、一つのかたちとなり、皆様の元へ、お届けすることが出来るようになりました。

 

それは、希少で貴重なおおあさ(大麻)を使って創られた、三種類の製品です。

 

一つめは、おおあさで出来た天然自然のお線香(お香)。

二つめは、特殊な織りで完成した、「祓い」用の大麻比礼(ひれ=織物)。

三つめは、最高級の精麻の糸のみで織られた、おおあさ100%のストール。

 

この三製品の創った意図は、以下の通りです。

 

一つめ 麻炭線香「生粋」…つながる(天地と繋がる、ご先祖様や守護と繋がる)

二つめ 祓いの「みそぎ布」…はらいきよめる(祓い清めて、すがすがしくなる)

三つめ 大判ストール「無垢」…まもる(安心安全の中で、身を守り、護られる)

 

このような三種にわたる、それぞれの働きを持った、おおあさの製品を、創らせていただきました。

天地・祖先と繋がるいのりのかたち

つながる

​国産麻炭線香「生粋」

はらわれ、きよまり、すがすがしく

きよめる

おおあさで祓い清める みそぎ布

心と身体を優しく包み護る、天の羽衣

まもる

やわらかストール「無垢」

おおあさ(大麻)は、縄文の昔より、人々の暮らしと共にありました。とりわけ、「いのり」にはかかせない植物であり、天地を繋ぐ依り代(神様が宿るもの)として、大事に育てられていたのです。

 

今では、大麻=ドラック=悪というイメージがあり、その言葉を口にするだけでもドキッとしてしまうのですが、日本古来の麻である「大麻草」(繊維として使用します)は、2~3メートルの高さにまで生育する毒性がほぼ無いものです。

 

麻は古語で「ぬさ」と呼ばれており、現在でも、神社でお祓いに使われる神具の中心は大麻(おおぬさ)です。しめ縄や鈴縄(神社のお参りで振る鈴のついた縄)、化粧まわしなども麻で出来ており、穢れを祓う特別なものとして神聖視されているのです。

 

私自身は、古事記と言霊学を研究し、雅楽と舞楽を嗜みながら和の学びを続けているのですが、その中で、清浄なる麻の力を感じることが多々ありました。麻を身に着けることで、キュッと身も心も引き締まり、天地自然と同化していく―その感覚が訪れるのです。

(出雲大神宮にての奉納にて。精麻を髪に結わえての御奉納祭)

さて、大麻草の茎から皮を剥ぎ、それを研ぎ澄ました繊維を「精麻」と申しますが、そんな精麻の中でも、とりわけ美しい光沢を持つものが、強い祓い清めを持つものとして、御神事用に使われます。

(大麻の茎の表皮を加工して作られた精麻)

麻光_ロゴ_抜き出し.png

私はいつの日か、その美しくも強い「精麻」を使って、何か皆さんのお役に立つことが出来ないかと、ずっと考えておりました。

 

なぜなら、言霊学的にも、「あさ」が示す世界は、高次元の精神宇宙である「高天原」の暗喩だからです。

 

天地と繋がるあさ、みそぎ祓われ清まっていくあさ、そして、神々の想いに包まれながら護られるあさ、そうした「祈り」のかたちが、さりげなく日々の暮らしの中で使われたらいいな、と願っておりました。

 

実は私には、20年来の大切な友人がいます。

ふっちゃんといいます。

彼女は100年以上続く麻問屋を引き継ぎ、「麻光」として、日本の伝統を守り伝える活動をされているのです。

麻光_紹介.jpg

このたび、麻問屋「麻光」とのコラボレーションにより、三年かけて、とうとう望みの製品が完成したのでした。

 

ちなみに、おおあさ100%で出来たストールは、希少で極上の精麻から糸をよって、つくられたもので、あまりにも極細のため、二度と織ることが出来ない、といわれているものです。繊細で高度の技術を必要とするため、これを扱える職人は非常に限られています。

また、おおあさの炭で創られた麻炭線香も、国産で、かつ天然自然の素材のみでつくられるため、なかなか製品化することが困難であると、いわれてきたものでした。

 

禊払い布も同様で、極上の精麻のみを選び、糸によりながら、美しく清らかな織物となって出来上がりました。

 

職人さんと麻光さん、そして私も少しお手伝いをさせていただくプロセスのなかで、小さな奇跡をみながら、完成した商品です。

 

ぜひ、毎日の暮らしの中で、古代より受け継がれた祈りのかたち―おおあさ(おおぬさ)で出来た麻まもりシリーズを、お楽しみいただければ幸いです。

 

みなさまの益々のご多幸と弥栄をお祈りいたします。

 

画家・作家・雅楽歌人 はせくらみゆき

つながる

天地・祖先と繋がるいのりのかたち

 

国産麻炭線香「生粋」

麻は古来より、神事において「祓い清め」を行う、

神聖な植物として伝えられてきました。

きよめる

はらわれ、きよまり、すがすがしく

おおあさで祓い清める みそぎ布

貴重な大麻(おおあさ)の精麻を、

特殊な織り方にて「比礼(みそぎ布)」へと仕上げました。

まもる

心と身体を優しく包み護る、天の羽衣

 

やわらかストール「無垢」

希少で貴重な精麻を、極細の糸にして織りこみ、

身体をすっぽりと包む大判のストールにいたしました。