しめ縄2022_TOP_B.jpg
しめ縄2022_素材_F.png

123日(土) 14:0017:15

オンライン開催 / 見逃し配信あり

見逃し配信 12月6日(火)~31日(日)まで

 (延長することもあります)

※配信当日(12月3日)にて、無限大胡蝶飾りワークショップも受講される方は、材料セットをご自宅までお送りする関係上、なるべくお早めにお申込み下さいませ。

言霊の奥義で紐解く、お正月に込められた深い意味。

今年一年の振り返りと、来年への未来ビジョン

 

祈りを込めて、自ら縄を編んでいく、

国産精麻で作る、無限大胡蝶を形どった

しめ縄飾り創りのワークショップ

 

材料セットはご自宅までお届けして、

オンラインで一緒に創る手仕事の楽しさ

 

知ることで、創ることで分かる、大和の奥深き世界と、

暮らしの質が変わる叡智の実践を学ぶ講座です。

画像2.jpg

【言霊実相学&無限大胡蝶しめ縄飾り創りで学ぶ八つの内容】 

  1.  自己の一年の振り返りと整理のヒント 

  2.  言霊実相学についての理解 

  3.  古事記と言霊、神々との関係性、時空の捉え方の学び 

  4.  量子物理学と言霊との関係性 

  5.  五大五行と言霊、心と身体の調え方 

  6.  日本の習俗・慣習に込められた叡智 

  7.  国産精麻を縒って創る、無限大胡蝶しめ縄飾り

  8.  唯一無二の御幣創りと来年への祈り・予祝 

(国産精麻による無限大胡蝶のしめ縄飾りをご自宅で制作します)

皆さん、こんにちは。はせくらみゆきです。

慌ただしかった令和四年も、あと残すところ僅かとなってまいりました。

世の中が目まぐるしく変わっている中、まさしく今は変革期であり、個人や社会、環境においても、さまざまな変化の中にあるのではないかと思われます。

そんな中、一年を統べていく締め、総括として、自分自身における令和四年の歩み、あるいは今までの人生の来し方を振り返り、これから歩むべく、貴重な中間地点の一点として、時空の「今」を腑に落とした状態で、次への一歩を進めるための実践講座―言霊実相学のセミナーを、昨年に引き続き、本年も開催したいと思います。

今までの上梓した著書の中で、言霊についてはたびたび触れておりましたが、全体像を体系的に語るには、なかなか難儀しておりました。

というのは、言霊とは、一般的に知られている、「良い言葉を使うと良い事が起こる」といった類だけのものではなく、言霊が持つ本質的な姿は、私たちが思考し、世界を認識する元となっている、想いの種であり、それぞれの振動を持った、固有の周波数のことでもあったのです。

 

つまり、言霊とは意識の科学であり、可視世界(見える世界・現実)を支える、実相、実体の元だった、ということになります。

私自身、言霊に関わる研究を始めて、30年ほど経つのですが、知れば知るほど奥深い世界であることを痛感しています。

昨年末、始めて、こうした言霊の奥義を体系的に皆様へお伝えする機会を得ました。

おかげさまで多くの方々が受講して下さり、言霊が持つ奥深い世界を、共に分かち合うことが出来ました。

本年もまた、前回からさらに進化させ、より分かりやすく、面白い講義内容へとアップグレードさせて、皆様の元へとお届けできたらと思っております。

セミナー内容は以下の通りです。

 【言霊実相学&無限大胡蝶しめ縄飾り創りで学ぶ八つの内容】 

  1.  自己の一年の振り返りと整理のヒント 

  2.  言霊実相学についての理解 

  3.  古事記と言霊、神々との関係性、時空の捉え方の学び 

  4.  量子物理学と言霊との関係性 

  5.  五大五行と言霊、心と身体の調え方 

  6.  日本の習俗・慣習に込められた叡智 

  7.  国産精麻を縒って創る、無限大胡蝶しめ縄飾り

  8.  唯一無二の御幣創りと来年への祈り・予祝 

尚、講義の他に、実践ワークとして、現在、容易には手に入りにくい国産の上質な精麻(大麻の茎の表皮を特別な行程を経て、独特の光沢を持つ繊維に仕上げたもの)を使った、オリジナルのしめ縄(注連縄・七五三縄)飾りを制作していただきます。

画像3.jpg

しめ縄飾りのかたちは、どこまでも続き、栄える、無限大を形どったもので、飛び立つ蝶のようにもみえます。

この形をひとつの形霊(かただま)として、皆様と周りの方々が、令和五年の年神様をお迎えして、ますます栄え、ご発展しますようにとの祈りを込めて、ひと縒(よ)り、ひと縒り、祈りを込めて、自らの手で完成させていただくというものになります。

この「無限大胡蝶」という名のしめ縄飾りは、言霊実相学を体感として知るためのツールであると同時に、心願成就や家内安全、商売繁盛、合格祈願などを祝い願う、形代(かたしろ)となり、その年一年をお護りする歳神様をお迎えして、あなたと家族と場をお護りしてくださることになります。

特筆すべきは、出来上がったしめ縄飾りは、大麻(おおあさ)で出来ているため、年間を通して飾ることが出来るということです。(お正月に玄関に飾られた方は、その後、室内に置かれるとよいでしょう)

 

 

また、しめ縄飾りは、ただ飾ってお祀りするだけではなく、しめ飾りに結わえられた長引きの精麻をシュッと引き撫でることによって、神様の御神気を受けとり(神様の気と一体になり)、日々新たに、清々しく暮らすことが出来ます。同時に、場やまわりも浄められ、より清々しくなることでしょう。

さて、出来上がったしめ縄飾りですが、こちらは実は、1メートル近くにもなります。決して派手ではございませんが、清楚な美しさがあります。

画像4.jpg

この中に、

 

 ◇ 大調和の雛形

 ◇ 言霊・数霊・形霊などの叡智

 ◇ 地球の歴史、人類史の型

 ◇ 大宇宙生命意志の型

 ◇ あなたと神々の祈り

 ◇ 心願成就や除災招福などの型

…など、多くの意味が包含されており、講座を通して、その中に託された、意味や意義を知って暮らすことで、あなたの人生の質がますます、上質で豊かなものとなることでしょう。

一年の総決算として、そして清々しき新年を迎えるご準備として、ぜひ、御受講いただければ幸いです。

手仕事に必要な材料セット(国産精麻や水引、元結など)を、事前にご自宅までをお送りするというかたちで御家庭とスタジオを結んでの開催となります。

そのため、12月3日のリアルタイムでの御受講を希望される方は、11月24日までにお申込みいただけると、当日までには、材料セットが確実にお届けできていると思います。

そして、11月25日~28日の間にお申込みの方は、当日までの材料セットのお届けの確約は出来ませんが、もし3日までに届かなかった場合は、講義部分はリアルタイムで、ワーク部分は、材料セット到着後、見逃し配信にてご制作いただければと思います。

次に、11月29日以降にお申込みの方は、材料セットが届かない可能性が高いため、上記と同じく、講義部分はリアルタイムで、ワーク部分は見逃し配信でご制作いただければと思います。

12月3日以降のお申込みの方は、講義・ワーク共に、12月6日から配信される、見逃し配信にて、御受講下さいませ。

 

それでは何卒宜しくお願い致します。

師走の慌ただしい時期ではありますが、セミナーを活用して、心も場も晴れやかにして、清々しき新年を迎え、佳き令和五年を創造していきましょう。

ーお申込み詳細情報ー

しめ縄2022_TOP_B.jpg

【セミナータイトル】

 「清々しき新年を迎えるための、言霊実相学と無限大胡蝶しめ縄飾り創り」

【開催形式】

 オンライン セミナー&ワークショップ(材料セットはご自宅まで送付致します)

 

【開催日時】

 12月3日(土) 14:00~17:15(延長することもございます) 

 

【見逃し配信】

 12月6日(火) 14:00~12月31日(金) 23:59まで 

 

【参加費】

 16,500円(税込)(材料代・送料込み)

 

【準備する物】

 メモ用紙(A4コピー用紙などを数枚ご準備下さい)・筆記用具

 

【お申込み受付期間】

 12月27日(火) 23:59まで(材料セットが無くなり次第終了となります)

※配信当日(12月3日)にて、無限大胡蝶しめ縄飾りワークショップも受講される方は、材料セットをご自宅までお送りする関係上、なるべく11月24日までに、お申込み下さいませ。

※​24日以降もお申し込みは可能です

お申し込み受付中

 令和四年度のしめ縄玉飾りをお持ちの方へ 

 

昨年のセミナーで作成されたしめ縄を用いて、本セミナーのしめ縄を創作することはできませんのでご注意ください。尚、お持ちの玉飾りについている水引きや御幣はお焚き上げにするか、御塩をかけてご処分してください。精麻部分は引き続きお持ちになっていただいていて構いません。

しめ縄2022_背景_A.jpg