オーロラのカーテンに揺られよう。

いのちをたっぷり喜ばせよう。

はせくらみゆきと行く北欧、海外セミナー

オーロラに包まれる新生の旅

 

日程:2019110日~116日 (7日間)

 

小さいころから、一度は絶対見てみたいものがあった。

それは寒空に広がる光のカーテン…オーロラ

大空を舞台に、ゆらゆらと揺らめく光を観たら、

いったいどんな気持ちになれるだろう?

 

そんな、幼いころからのあこがれでもあった、

オーロラと、

Photo;Thomas Kast/Salamapaia

大好きだったムーミンと、

​ムーミン公式サイトより

かわいい北欧デザインを見て廻りながら、

自らを振り返り、新しい自分と出会っていく、

そんなスピリチュアルジャーニーを企画しました。

 

 

目的地は、森と湖の国―フィンランド。

日本から一番近いヨーロッパの国でもあります。

私―はせくらは、一昨年、北欧デザインを知るために、

初めてフィンランドにいって、

その静謐なたたずまいが

大好きになってしまいました。

 

豊かな自然に、蒼い海。

ちょっとシャイで優しい人々。

香り高いコーヒーにシナモンロール。

センスのよい北欧デザイン。

一つひとつが、胸躍るものでした。

とりわけ、有名な北欧デザインの一つ、

マリメッコ本社のファクトリーに行ったときは、

もう、大興奮でしたよ(笑)。

(日本で売っていないデザインとかがたくさん。 

 しかもものすごいセールになっていて、お買い得♪)

さて、そんなフィンランドに、

ご縁のある仲間と共に、

御一緒できればと思っています。

 

ただ…一抹の不安が…。

それは、

 

寒いのやだ!byはせくら)

 

北海道生まれなのに、

寒さが苦手な私は、

今まで、南の国ばかりいっていて、

北国は、なかなか躊躇していたのです…ハイ。

 

けれども、いつもお世話になっている

阪急交通社Mさんのお話によると、

 

モコモコのお洋服(防寒具)の貸し出しもあるし、

オーロラが見える時までは中にいるし、

また、ガラスイグルー(寝ながらオーロラを見るロッジ)

のときもあるので、

全然、大丈夫!

とのこと。

(少しほっとする)

 

「じゃあ、どんな格好をしていけばいいんですか?」

と聞くと、

「サッポロ雪まつり」の時に行くときのような

恰好なのだそうです。

 

…おお、雪まつり、ですか。

(だったら、何とか大丈夫だわ)

 

というわけで、

「見たい、行きたい、体験したい!」

のほうが優先されて、

 

死ぬまでに一度、味わってみたかった、

生オーロラと、ひたすら楽しい北欧旅を、

御一緒する仲間を募集したいと思います。

(人数限定のプライベートツアーです)

 

旅では、毎日一つずつ、

さまざまなワーク(セッション)をしながら、

自分を見つめ、

気づきを深めていく時間を設けています。

 

そうして、一日一日を味わいながら、

非日常を愉しみ、旅の終わりには、

一人ひとりが、まだ見ぬ新しい自分と出会っていく、

ことを意図してプログラム化しました。

 

オーロラ旅ですが、

一度きりの企画になると思います。

 

さて、みゆきと行くツアー(セッション・ワークあり)

ですが、御一緒する方の多くは、

 

お一人様参加の方

海外が初めてという方

ベジタリアン(私もそうです)の方、

団体行動がちょっと苦手な方(実は私がそう!)なども、

多くいらっしゃって、その方々が、

気楽に、安心して参加しやすいツアー

といわれています。

 

もちろんご夫婦や親子、お友だちでの参加の方や、

海外慣れしておられる方も多数いらっしゃいます。

 

ひとりでいる時も楽しいし、

みんなでいる時も楽しい。

 

その場所の空気と一体になって、

ゆったりと味わっていく贅沢な時間を共有します。

 

オーロラに行っている自分が

イメージされちゃった人、

ピピッと来た人、

よかったら、またとないこの機会に、

御一緒しませんか?

 

Q.どんな旅をするの?

 

 

今回の旅イメージを、日程に沿ってご案内します。

よかったら、イメージトリップをしてみてくださいね。

 

みゆきと行く北欧、海外セミナー

オーロラに包まれる新生の旅

 

日目(1月10日)

成田空港発11時55分のフィンランド航空にて、

直行便の空の旅が始まります。

ヘルシンキに到着後、その日のうちに空路で、

北極圏に近い空港―イヴァロまで一気に行きます。

 

ホテルでの食事の後は、ミニ講演

初日からオーロラ鑑賞でドキドキ!

(オーロラのYouTube動画です。とてもきれいなので、

BGM代わりにもどうぞ!) 

地球の鼓動と身体を共振させていく初日の夜です。

​(イメージ画像です)

 

日目(1月11日)

ホテルでの朝食の後は、

トナカイさんにひっぱってもらうそり遊びです。

プリプリしたトナカイさんのお尻がキュートらしい (笑)。

子ども心満載で楽しみましょう!

 

食事後、午後は、ラップランドの文化を伝える

シーダ博物館にて、歴史と文化をしっかり学びます。

夜はセッションと、二回目のオーロラタイムです。

​(イメージ画像です)

 

日目(1月12日)

ホテルでの朝食後、専用バスにて、

一路、サンタクロースの故郷、

ロバニエミまで移動します。

 

サンタクロース村にてサンタさんと会って遊んだ後は、

フリータイムとなります。

北欧デザイングッズなど、

ショッピングタイムも楽しいことでしょう。

夜はワーク&オーロラ鑑賞タイムです。

 

この日は、ガラスイグルーにて、

オーロラを眺めながら眠りにつく

オーロラオールナイトです。

(私もこの日がすごく楽しみ♪)

アークティックスノーホテル
(ガラスイグルー) ©ARCTICSNOW

 

日目(1月13日)

ホテルでの朝食後、ロバニエミ市内観光をします。

北極圏センター&ラップランド郷土博物館である、

アルクティムにいって、オーロラの成り立ちや、

サーメ人の文化を学びます。

 

他にもいくつか廻り、

市内のレストランで夕食を取った後は、

寝台列車の旅

 

サンタクロース・エキスプレスにのって、

一気にヘルシンキにまいります。

朝日を受けて、目が覚めたらフィンランドの首都、

ヘルシンキについています。

サンタクロースエクスプレス ©ツムラーレコーポレーション

 

日目(1月14日)

ヘルシンキ到着後は、市内観光があります。

白亜の大聖堂―ヘルシンキ大聖堂や、

岩をくりぬいてつくった教会―

テンペリアウキオ教会(雰囲気抜群で素敵です♪)や、

 (この動画、みてみてね。雰囲気がわかります)

女子ゴコロをくすぐるマリメッコ本社の

ファクトリーを見たり、そこでご飯を食べたり、

映画の舞台となった

「かもめ食堂」などにも立ち寄りたいと思います。

(この映画おもしろい!これを見て、

私はフィンランドに行きたくなりました)

 

この日の夜は、じっくりとワークシェアをして、

心を見つめて行きたいと思います。

ヘルシンキ大聖堂

 

日目(1月15日)

北欧最後の日は、

出発までフリータイムです。

(その時間を設けました!)

 

マーケットに行ったり、

北欧デザインやムーミンショップ、

カフェめぐりなど、心の向くままにお過ごしください。

 

ミニワークもあります。

帰りのフライトは17時20分。

ヘルシンキから成田に飛びます。

ヘルシンキの街並み

 

7日目(1月16日)

マリメッコのカトラリーの機内食を食べて、

眠って、またご飯食べたら…成田到着です。

1週間の北欧旅、お疲れ様でした!

朝10時に空港着の予定です。

成田空港

…とこのようなスケジュールになっています。

なんとなく、イメージが出来ましたでしょうか?

 

2019年、平成最後の冬を、

楽しい仲間と共に、

大好きな場所を訪れて、

新しい一歩を踏み出したいですね!

どうぞよろしくお願い致します。

以下、募集要項です。

はせくらみゆき×阪急交通社コラボ企画

みゆきと行く北欧、海外セミナー

オーロラに包まれる新生の旅

 

森と湖の国―フィンランドを縦断しながら、

オーロラと北欧デザイン、

自分を見つめ、新しい一歩を踏み出すためのワークする、

気づきと新生の旅(海外セミナー)です。

 

日程

2019年1月10日(木)~16日(水)7日間の旅

集合場所

1月10日(木)10時 成田空港・第二ターミナル

航空機

往復フィンランド航空直行便利用

宿泊先

アークティックスノーホテル他(スーペリアクラス以上) 

ナビゲーター

はせくらみゆき (はせくら&添乗員&スタッフ同行)

ご参加費用

お一人様550,000円(税・燃油サーチャージ代込)

一人部屋御利用代金

プラス98,000円(税込)

 

旅のお問い合わせ・お申込み先

阪急交通社・東京団体支店・営業2課

電話:03-6745-7312

担当:小板橋(こいたばし)岩田・森川

尚、下記、URLからもお申込みは可能です。

申込み

※終了しました

 

​※上記スケジュールは予定です。当日の天候や交通状況等により、予告なく変更することがございますので、ご了承ください。